約5千円のコマ撮りソフト「AnimaShooter/Capture」の使い方(入門編)

普段、私はドローイングやCGでアニメーションを作っていますが、時々、ストップモーション(実写コマ撮り)で作ることもあります。
と言っても、それは子ども向けのワークショップ等における撮影スタッフとして参加する場合がほとんどなのですが、実は機材も自前で揃えることが多く、常時その制作環境を用意しておく必要があります(いつ仕事が来るか分からないので…)。

かつては、3CCDのDVカメラ(NV-DJ100)にクレイタウンというコマ撮りソフトを組み合わせて使っていたのですが、DVカメラに(おそらく経年劣化による)微妙なノイズが乗るようになってきました。そこで、新しい制作環境を整えましたので、以下、簡単にご紹介します。
続きを読む

安価で携帯に便利なペンタブレット XP-Pen G430

《小さくて、安くて、長時間駆動のノートPC「ASUS T100HA」レビュー》で紹介した ASUS T100HA ですが、外出時だけではなく、自宅にいる時にもサブマシンとして使う機会が増えてきました。

上記のレビューでも末尾に書いてありますが、タッチペンで画面に直接描くのは精度が悪すぎて使い物になりませんから、ちゃんとした描画をしたいならペンタブレットを導入することは必須です。T100HA は持ち運ぶのが前提なので、ペンタブも小さいサイズのものが望ましい、ということになります(あわよくば、授業や講演会でも使えることを期待して…)。本格的な描画には 液タブ(Cintiq 13HD) を使いますから、私の場合、気楽に持ち運べる板タブにはコンパクトさを優先して選択しても良いことになります(しかも、できるだけ安価な方が望ましい)。

探しました(ネット上で)。そして、辿り着きました。それが、XP-Pen G430

です。なんと、Amazon で 3500円! しかも、これが優秀なんです!!
続きを読む

あけましておめでとうございます

今年(2017年)の年賀状です(クリックすると拡大します)。
nenga2017
リコー PENTAX K-S1 レビューでも紹介しましたが、忘れな草の写真です。

昨年はあまり旅行へ行きませんでしたが、コスパの良い機材購入には恵まれました(比較になってない…)。
関東学院大学で非常勤講師のまま研究室(ゼミ)を持つことになり、新しい世界が拓けた1年でもありました。

本年もよろしくお願い申し上げます。

超安価で手間いらずなカラー印刷「タダプリント」(ビッグタンク)で、快適な1年を過ごせました

話は約1年前(2015年12月)に遡ります。

印刷もスキャンも高画質だけど、ランニングコストの高いキヤノン MP990(24,790円)

に「B200」エラーが出るようになってしまい、ネット上の情報を頼りにあらゆる手を尽くしたものの復活せず(メーカーの修理期間も既に終了)、廃棄処分にした後、次の複合機(プリンタ、スキャナ、コピー)を何にすべきか悩んでいました。

これまでに、カラープリンタ(or 複合機)として、エプソン・キヤノン・HPといった主要メーカーの機種を渡り歩いてきましたが、画質はそこそこ満足できるものの、ランニングコストの高さに閉口していました。初めのうちはメーカー純正インクを使っていましたが、サードパーティ製でも品質的に問題のないインクがあることが分かってからは、もっぱらサードパーティ製のものを購入してきました。

でも・・・それでも、まだ高い! それにインクタンク(インクカートリッジ)が小さいので、頻繁にインク補充の作業が必要になります。本当にこれが、現代の科学技術による「理想的なカラープリンタ」なのか? 「インク代で稼ぐビジネスモデル」の代替案はないのか? と探していたところ…
続きを読む

解像力に裏打ちされた深い味わいの標準ズーム「14-45mm F3.5-5.6」(H-FS014045)レビュー

オリンパスのマイクロフォーサーズ・ミラーレス一眼カメラ E-PM2 をメインカメラとして愛用しています。

E-PM2 のキットレンズである「14-42mm F3.5-5.6 II R」

はコンパクトな点は評価できましたが、肝心の画質がミラーレス「一眼」というよりは「コンパクトカメラ」の延長といった感じで、残念ながらすぐに使わなくなってしまいました。

その後、長い間、パナソニックの「20mm F1.7」(H-H020)

を使ってきました。これは実に良いレンズで、解像感もボケも素晴らしく、描写に味わいが感じられるのも魅力です(今でも大好きなレンズです)。

しかし、旅行やスナップ撮影の際には、35mm換算40mm相当のレンズ1本で標準ズーム域をカバーするには無理がありました。そこで、暗くても良いから画質の良いズームレンズを探していたところ、パナソニックの「12-35mm F2.8」に準じる性能(?)と一部で評判のパナソニック「14-45mm F3.5-5.6 標準ズーム G VARIO ASPH. MEGA O.I.S H-FS014045」

を中古屋で発見!(税込 9,800円)
3年間使っていなかった新品同様の「14-42mm F3.5-5.6 II R」を同じ店で売却(4,400円)し、差額 5,400円で乗り換えることにしました。
続きを読む