ツウ好みのベアボーン「Desk Mini 110/B/BB」

前回に引き続き、自作PCネタです。
今回は ASRock のベアボーン Desk Mini 110/B/BB

を使ってみました(税込13,886円)。第7世代(Kaby Lake)と第6世代(Skylake)の Intel CPU を搭載可能で、メモリは最大 32GB まで(注:SO-DIMM の DDR4-2133 or 2400)。筐体は小さい(155 x 155 x 80 mm)ですが、造りはしっかりしています。このサイズに SATA の 2.5インチベイが2つ内蔵されているので、様々な使い方が可能です。私は、SSD と HDD を各1台搭載してみました。また、これとは別に M.2(2280)スロットもありますが、こちらは SATA 接続は不可で、NVMe(PCIe)のみ接続可能なので、注意が必要です。

その他のパーツは以下の通り(いずれも税込):
◎CPU(Core i7-7700)… 34,290円
◎メモリ(Crucial CT2K16G4SFD8213、16GB*2)… 34,980円
◎SSD(COLORFUL SL500 240GB)… 8,980円
◎HDD(Seagate ST2000LM015、2.5インチ、2TB)… 10,980円

合計金額は、103,116円(税込)。ざっくり、10万円といったところです。
SSDは「安価で、お店に在庫があった」という理由で上記の製品を選んでしまったのですが、ここはできれば Crucial の 3D NAND あたりの製品にしておいた方が寿命的にも安心だったかなと思います。

TDP が 65W までの CPU に対応しているので、Core i7-7700 も使えるのが良いですね。グラボが不要な場合(= CPU内蔵のグラフィックス性能だけで充分と思われる用途)には、かなり良い選択だと思います。最近は統合型グラフィックスも性能が向上してきていて、一概に馬鹿にできなくなっています。今回は、ノンリアルタイムの3次元CGの制作環境の構築が主目的でしたから、4コア8スレッドのCPUに、32GB のメモリを積んで、高速なレンダリングを目指します。

以下、組み立てる際の注意点を含む、自分用のメモです(参考にされる方は自己責任でお願いいたします)。
続きを読む

XH110G に Core i7-7700T と GTX 1050Ti を搭載した超小型自作PC

普段使いのリュックに入る極小サイズの筐体に、高性能CPUとミッドレンジのGPUを搭載したPCを自作する必要があり、Shuttle のベアボーン XH110G(幅200mm x 高さ78mm x 奥行250mm)をベースに組み立てたところ上手く行ったので報告いたします。
全体像
写真左下にあるのが本体。小さくてカワイイでしょう。Core i7-7700T、RAM 32GB、SSD 525GB、HDD 2TB、GTX 1050 Ti の構成で合計、約13.5万円(税抜)でした。

先にパーツリストを紹介します(金額は税抜)。
◎ベアボーン:Shuttle XH110G(27,593円)
◎CPU:Intel Core i7-7700T(33,778円)
◎RAM 32GB:Crucial CT2K16G4SFD8213 [SODIMM DDR4 PC4-17000 16GB 2枚組](26,980円)
 (+交換保証1,500円が無条件に付いてくるので、この代金に上乗せされる)
◎SSD 525GB:Crucial CT525MX300SSD4(16,580円)
◎HDD 2TB:Seagate ST2000LX001(10,880円)
◎グラボ:ELSA GeForce GTX 1050 Ti 4GB SP GD1050-4GERSPT(18,214円)
合計135,525円[税込146,365円] 《秋葉原のツクモさんで揃えました。2017.9.18 購入》

※(いつも書いていることですが)参考にされる方は自己責任でお願いいたします。
続きを読む

内装デザインに挑戦!

自分が住んでいるマンションの共用棟(2001年竣工)の内装のリフォームをすることになったのですが、偶然にも改修工事をする今年、私が管理組合の修繕担当理事になっていた関係で、内装(床、壁、天井の貼り替え等)のデザインを担当させて頂くことになりました。

普段、映像制作の仕事では、3次元CGのテクスチャを決めたり、色彩構成を考えたりしているので、それがリアルの建築物になっただけ(?)と考え、いつものように脳内でレンダリングを繰り返し、イメージを固めていきました。但し、CGのように「アンドゥー」はできないので、慎重に作業を進めました。
続きを読む

液タブが壊れたので、Surface Pro 2 へ乗り換え

手描きアニメーション制作に欠かせない液晶ペンタブレットとして、ワコムの「Cintiq 13HD」を使ってきましたが、3年と数ヶ月で壊れてしまいました(板タブとしては使えるが、肝心の画面が「NO INPUT SIGNAL」としか表示されなくなった)。

メーカーの「修理料金概算」によると、液晶ユニット交換で 37,700円(税抜)。液晶自体はまだエラーメッセージが表示されているので、それ以外の主要部品が壊れているとして 28,000円(税抜)。3〜4万円の出費なら仕方ないか〜、と思っていたところ、メーカーから届いた修理見積もりには「64,800円(税込)」の文字が…。

約8万円で買った製品の修理代金が約6.5万円とは高すぎる。もう少し頑張れば、新品が買えてしまいそうです。外国製ならもっと安い製品もありますし、これを機に「修理」以外の手段についても幅広く検討してみることにしました。

結論的には、マイクロソフトの Surface Pro 2(Core i5-4300U 1.9GHz、RAM 8GB、SSD 256GB)

の中古を購入しましたが、これで正解だったと思います。
続きを読む

4千円で買える「バンドプロデューサー5」の「作成モード」が意外に “使える” 件

私がDTMを始めた頃(今から20年以上前!)は EZ Vision というシーケンサーソフトを使っていました。Macintosh IIci から、自作の MIDI インターフェイス経由で、外部のシンセと接続(ソフトウェア音源なんて、ありません!)そんな時代です。シンセサイザーは、リアルタイム入力用鍵盤としても、マルチティンバー音源としても活用していました。この頃は、制約は多かったものの、音楽制作を文字通り楽しむことができていたように思います。機能が少ない分、すべてを把握した上で、一音一音を丁寧に作り込んでいく ── そんな創作スタイルが自分にもマッチしていましたし、それでも許される時代でした。

その後、Apple 製なのに使いづらかった Logic Express を経て、Windows ベースの SONAR 6 へ。たしかに、機能的には充実していますし、音質も素晴らしい。実際、この環境で何曲も、アニメーション用のBGMを作ってきました。

でも、何かが違う…。
仕事として、仕方なくこの巨大なソフトを使っている(ソフトに使われている)感じが拭えないんですよね。
現代の技術で、あの頃の「ミニマムなDTM」の楽しさを甦らせることはできないか!?
ずーっと、そんなことを考えていました。

そんな中、ソースネクスト社が「バンドプロデューサー5」(河合楽器)を期間限定 3,980円(税抜)で販売していたので、「耳コピモード」に興味があり、購入しました。


これが私とバンドプロデューサー5との出会いでした。つまり、最初は「作成モード」ではなく「耳コピモード」目的でアプローチしたわけです(実際、バンドプロデューサーは「耳コピモード」目的で購入している方がほとんどでしょう)。
続きを読む