換算24mmからのコンパクトな標準ズーム「12-32mm F3.5-5.6」(H-FS12032-S)レビュー

私のメイン機であるオリンパスのマイクロフォーサーズ・ミラーレス一眼カメラ E-PM2 の “個人的な” 標準ズームはパナソニックの「14-45mm F3.5-5.6」(H-FS014045)でした。

以前 レビュー した通り、普及価格帯のレンズとは思えぬ深い味わいの、本当に良く写るレンズで非常に気に入っているのですが、広角側が35mm換算で 28mm からなので、旅行やスナップ撮影などで時々物足りなく感じることがありました。

そこで、35mm換算で 24mm からの標準ズームであるパナソニックの「12-32mm F3.5-5.6」(H-FS12032-S)

を中古で入手して、使い物になるか検証してみることにしました(保護フィルター付きで、税込 12,800円)。沈胴時はこちらの方が圧倒的にコンパクトになります。これで写りが良ければ、遠方の旅行に携行するにも便利そうです。
E-PM2 に 12-32mm を装着した様子(沈胴時)
12-32mm F3.5-5.6 を装着した E-PM2(VF-4 付き)。なかなかカワイイでしょ。画像をクリックすると拡大します(以下も同様)。

続きを読む

型落ちした高級コンデジ PowerShot G9X。29,800円なら買いです!

私はどこへ行くときにも、コンパクトデジカメを携帯しています。スマホでは撮影できない写真を撮るためです。
愛用していたカシオの EX-FH100 のシャッターボタンの調子が悪くなったので、キヤノンの PowerShot G9X に買い替えました。

1インチの裏面照射型CMOSセンサーを搭載した高級コンパクトデジカメ。ビックカメラにてアウトレット品(展示品)を 29,800円(+税)で購入。すでに2500枚ほど撮られていましたが、外装に多少の傷がある程度で、特に不具合はなく、良い買い物をしたと思っています。G9X markII が出て、型落ちした今がチャンスかもしれません。
続きを読む

解像力に裏打ちされた深い味わいの標準ズーム「14-45mm F3.5-5.6」(H-FS014045)レビュー

オリンパスのマイクロフォーサーズ・ミラーレス一眼カメラ E-PM2 をメインカメラとして愛用しています。

E-PM2 のキットレンズである「14-42mm F3.5-5.6 II R」

はコンパクトな点は評価できましたが、肝心の画質がミラーレス「一眼」というよりは「コンパクトカメラ」の延長といった感じで、残念ながらすぐに使わなくなってしまいました。

その後、長い間、パナソニックの「20mm F1.7」(H-H020)

を使ってきました。これは実に良いレンズで、解像感もボケも素晴らしく、描写に味わいが感じられるのも魅力です(今でも大好きなレンズです)。

しかし、旅行やスナップ撮影の際には、35mm換算40mm相当のレンズ1本で標準ズーム域をカバーするには無理がありました。そこで、暗くても良いから画質の良いズームレンズを探していたところ、パナソニックの「12-35mm F2.8」に準じる性能(?)と一部で評判のパナソニック「14-45mm F3.5-5.6 標準ズーム G VARIO ASPH. MEGA O.I.S H-FS014045」

を中古屋で発見!(税込 9,800円)
3年間使っていなかった新品同様の「14-42mm F3.5-5.6 II R」を同じ店で売却(4,400円)し、差額 5,400円で乗り換えることにしました。
続きを読む

リコー PENTAX K-S1 レビュー

私はデジタル一眼カメラを、メイン(オリンパス)と、サブ(ペンタックス)の2システム保有しています。

前者の E-PM2(マイクロフォーサーズ)は、小型軽量でどんな撮影もこなす「仕事カメラ」として。
後者の *istDS と今回新規購入した K-S1(いずれも、APS-C)は、「趣味カメラ」あるいは「作品カメラ」として。

E-PM2 は優等生的に綺麗に撮れてしまうので、そこから少しはみ出した「遊び」や「実験」や「先鋭的」といった要素を、ペンタックスのカメラに期待していました。

古いけど現役の PENTAX *istDS

は本当に良いカメラです。現在でも通用するコンパクトなボディに、単3電池(eneloop も可)が使えるのもユニーク。ガラスプリズムとCCDで、リバーサルフィルムを入れた銀塩一眼のように、端正な写真が快適に撮れます。ただ、購入から約10年が過ぎ、最新のカメラボディについても勉強したいな、と考えておりました。そこへ、以前からちょっと気になっていた K-S1 が生産完了となったらしく、各カメラ店の店頭から在庫が消えていく中、価格が底値であることを確認した上で購入しました。姉妹機である K-S2 も悪くはないのですが、K-S1 と比べると大きくて重くて、しかも底値にはほど遠く、今回は購入候補から外れました(動画撮影時に外部マイクを使えるのは利点なんですけどね…)。

さて、PENTAX K-S1 ですが、今年(2016年)の2月にヨドバシカメラにて購入しました(取り寄せになってしまいましたが、メーカー在庫の最後の1台とのこと!)。K-S1 ボディのみ税込34,220円(ポイント10%を引くと、実質30,798円)でした。

K-S1 は、コストパフォーマンスが素晴らしいですね!
この機種もガラスプリズムですし、視野率100%のファインダーはクラス最高の出来映え。K-S1 の 2000万画素は、*istDS の600万画素と比べて、一回りから二回り高精細になったと実感できます。そしてこのコンパクトなボディに、シンプルなユーザ・インターフェイス。プロダクトデザイナーの心意気を感じました。

こうして、私の K-S1 ライフが始まりました(ちなみに K S って、私とイニシャルが同じなんですよね。まあ、どうでも良いことですが…笑)。

続きを読む

m4/3x3=4m 写真:「鶴岡八幡宮と鎌倉」編

2016年4月2日、鶴岡八幡宮(鎌倉)へ。

いつものように、愛機 E-PM2 に VF-4 をつけて、
9mm / F8、20mm / F1.7、45-150mm / F4.0-5.6
の3本のレンズ(計4万円)で超広角から超望遠まで撮ります!

マイクロフォーサーズ(m4/3)レンズ3本で4万円なので、
m4/3x3=4m(万円)
というこの企画。普段より高解像度で気まぐれに続きます。
以下、写真をクリックすると拡大します。
続きを読む