薬用歯みがき「ペナント」から「トマリナ」へ

長年(10年以上!)、三宝製薬の薬用歯みがき「ペナント」

を愛用してきました。これのおかげで、子どもの頃から悩まされ続けてきた歯茎の病気にも虫歯にもならず、歯医者通いから解放されたのでした。本当に気に入っていました。

ところが、昨年(2014年)の末頃から販売店(東急ハンズ)で見かけなくなってしまいました。とうとう生産が終了してしまった様です。値段もそれなりに高かった(1500円)ので、売れ行きが芳しくなかったのかもしれません。2014年4月から消費税が8%になったり、まだまだ世の中、不景気ですからね。

ともあれ、「ペナント」に代わる別の歯みがきを探さなければならなくなりました。
成分表示やネット上での評判を頼りに、白羽の矢を立てたのが小林製薬の薬用歯みがき「トマリナ」

1本 90g 使ってみました。たしかに歯肉炎や歯周病の予防には良さそうです。ビタミンEなど「ペナント」と共通している成分もあります。不満な点は、着色剤としてタール色素(橙色205号、赤色106号)が使われていること。「食べないんだから良いじゃない」と言う人もいるかもしれませんが、口の中に入れるものなので、あまり気持ちの良いものではありません(歯みがき後は良く水ですすぐようにしています)。そもそも着色する必要性が分かりません。まさかこれで「ピンクの歯ぐき」にしているわけではないと思いますし…。

効き目は「ペナント」の方が上ですが、「トマリナ」もかなり健闘していると思います。価格が安いのもいいですね(600円くらい)。2本目を購入しました。もう少し様子を見てみます。

【補足】
「ペナント」と同じ三宝製薬の「三宝はぐきみがき」

も良いかもしれません。まだ試していませんが…。

HOME