リコー PENTAX K-S1 レビュー

私はデジタル一眼カメラを、メイン(オリンパス)と、サブ(ペンタックス)の2システム保有しています。

前者の E-PM2(マイクロフォーサーズ)は、小型軽量でどんな撮影もこなす「仕事カメラ」として。
後者の *istDS と今回新規購入した K-S1(いずれも、APS-C)は、「趣味カメラ」あるいは「作品カメラ」として。

E-PM2 は優等生的に綺麗に撮れてしまうので、そこから少しはみ出した「遊び」や「実験」や「先鋭的」といった要素を、ペンタックスのカメラに期待していました。

古いけど現役の PENTAX *istDS

は本当に良いカメラです。現在でも通用するコンパクトなボディに、単3電池(eneloop も可)が使えるのもユニーク。ガラスプリズムとCCDで、リバーサルフィルムを入れた銀塩一眼のように、端正な写真が快適に撮れます。ただ、購入から約10年が過ぎ、最新のカメラボディについても勉強したいな、と考えておりました。そこへ、以前からちょっと気になっていた K-S1 が生産完了となったらしく、各カメラ店の店頭から在庫が消えていく中、価格が底値であることを確認した上で購入しました。姉妹機である K-S2 も悪くはないのですが、K-S1 と比べると大きくて重くて、しかも底値にはほど遠く、今回は購入候補から外れました(動画撮影時に外部マイクを使えるのは利点なんですけどね…)。

さて、PENTAX K-S1 ですが、今年(2016年)の2月にヨドバシカメラにて購入しました(取り寄せになってしまいましたが、メーカー在庫の最後の1台とのこと!)。K-S1 ボディのみ税込34,220円(ポイント10%を引くと、実質30,798円)でした。

K-S1 は、コストパフォーマンスが素晴らしいですね!
この機種もガラスプリズムですし、視野率100%のファインダーはクラス最高の出来映え。K-S1 の 2000万画素は、*istDS の600万画素と比べて、一回りから二回り高精細になったと実感できます。そしてこのコンパクトなボディに、シンプルなユーザ・インターフェイス。プロダクトデザイナーの心意気を感じました。

こうして、私の K-S1 ライフが始まりました(ちなみに K S って、私とイニシャルが同じなんですよね。まあ、どうでも良いことですが…笑)。

続きを読む
HOME