7年目の MacBook Pro 15インチ(Mid 2010)を 3万5千円(1TBのSSDとバッテリー)で延命する

私のメインマシン MacBook Pro 15インチ(Mid 2010、Core i7-2.66GHz)ですが、使い始めてから満6年が過ぎ、ついに7年目に突入しました。

約4年前に「SSD化とメモリ増量」を行い、それ以降は快適な環境を楽しんできましたが、最近、以下の3問題が浮上してきました:
(1) MacOS X 10.6 に非対応のソフトが増えてきた。
(2) SSDの残量が心配。
(3) バッテリーの劣化。

少々解説しますと ───
(1) MacOS X 10.6(Snow Leopard)は高速かつ堅牢なので、本体購入直後から現在まで、気に入って使ってきましたが、さすがにもう限界です。Google Chrome をはじめ多くのアプリケーションやユーティリティで非対応になってしまいました。ネットバンクにアクセスする際に、ウェブブラウザのバージョンが限定されている銀行もあり、そのためにもOSのアップデートが必要です。
(2) 約4年前にSSD化しましたが容量はHDD時代と同じ 512GB でした。最近デジタル一眼レフカメラを購入したのですが、高解像度の(つまり、ファイルサイズの大きな)画像が増えてきてこともあり、このペースでは、近いうちに何らかの対応が必要になる(なら、今、対策してしまおう)と考えました。
(3) 6年間も同じバッテリーを使い続けるのは、その寿命を考えると、あまりよろしくないですね。1〜2カ月に1回、何の前触れもなく突然、電源が落ちてしまい、バッテリーが残量0%から再充電を始めている、なんてこともありました。また、バッテリーの物理的な形状も膨らんでしまい、その裏側にあるトラックパッドのボタンが押せなくなるという、笑うに笑えない状況になっていました。

解決策としては、
(1) 比較的評価の高い OS X 10.11(El Capitan)ならアップデートしても良いな。0円。
(2) SSDを買い替える。TLC(Triple Level Cell)なら、1TBクラスで 3万円を切っている。
(3) バッテリーも買い替える。古い機種だし、サードパーティー品で良いだろう。6千円台。

というわけで、以下、改造レポートです。
((参考にされる方は、各自の責任において作業して下さい))

続きを読む
HOME