FC2ブログ

4千円で買える「バンドプロデューサー5」の「作成モード」が意外に “使える” 件

私がDTMを始めた頃(今から20年以上前!)は EZ Vision というシーケンサーソフトを使っていました。Macintosh IIci から、自作の MIDI インターフェイス経由で、外部のシンセと接続(ソフトウェア音源なんて、ありません!)そんな時代です。シンセサイザーは、リアルタイム入力用鍵盤としても、マルチティンバー音源としても活用していました。この頃は、制約は多かったものの、音楽制作を文字通り楽しむことができていたように思います。機能が少ない分、すべてを把握した上で、一音一音を丁寧に作り込んでいく ── そんな創作スタイルが自分にもマッチしていましたし、それでも許される時代でした。

その後、Apple 製なのに使いづらかった Logic Express を経て、Windows ベースの SONAR 6 へ。たしかに、機能的には充実していますし、音質も素晴らしい。実際、この環境で何曲も、アニメーション用のBGMを作ってきました。

でも、何かが違う…。
仕事として、仕方なくこの巨大なソフトを使っている(ソフトに使われている)感じが拭えないんですよね。
現代の技術で、あの頃の「ミニマムなDTM」の楽しさを甦らせることはできないか!?
ずーっと、そんなことを考えていました。

そんな中、ソースネクスト社が「バンドプロデューサー5」(河合楽器)を期間限定 3,980円(税抜)で販売していたので、「耳コピモード」に興味があり、購入しました。


これが私とバンドプロデューサー5との出会いでした。つまり、最初は「作成モード」ではなく「耳コピモード」目的でアプローチしたわけです(実際、バンドプロデューサーは「耳コピモード」目的で購入している方がほとんどでしょう)。
続きを読む
HOME