ツウ好みのベアボーン「Desk Mini 110/B/BB」

前回に引き続き、自作PCネタです。
今回は ASRock のベアボーン Desk Mini 110/B/BB

を使ってみました(税込13,886円)。第7世代(Kaby Lake)と第6世代(Skylake)の Intel CPU を搭載可能で、メモリは最大 32GB まで(注:SO-DIMM の DDR4-2133 or 2400)。筐体は小さい(155 x 155 x 80 mm)ですが、造りはしっかりしています。このサイズに SATA の 2.5インチベイが2つ内蔵されているので、様々な使い方が可能です。私は、SSD と HDD を各1台搭載してみました。また、これとは別に M.2(2280)スロットもありますが、こちらは SATA 接続は不可で、NVMe(PCIe)のみ接続可能なので、注意が必要です。

その他のパーツは以下の通り(いずれも税込):
◎CPU(Core i7-7700)… 34,290円
◎メモリ(Crucial CT2K16G4SFD8213、16GB*2)… 34,980円
◎SSD(COLORFUL SL500 240GB)… 8,980円
◎HDD(Seagate ST2000LM015、2.5インチ、2TB)… 10,980円

合計金額は、103,116円(税込)。ざっくり、10万円といったところです。
SSDは「安価で、お店に在庫があった」という理由で上記の製品を選んでしまったのですが、ここはできれば Crucial の 3D NAND あたりの製品にしておいた方が寿命的にも安心だったかなと思います。

TDP が 65W までの CPU に対応しているので、Core i7-7700 も使えるのが良いですね。グラボが不要な場合(= CPU内蔵のグラフィックス性能だけで充分と思われる用途)には、かなり良い選択だと思います。最近は統合型グラフィックスも性能が向上してきていて、一概に馬鹿にできなくなっています。今回は、ノンリアルタイムの3次元CGの制作環境の構築が主目的でしたから、4コア8スレッドのCPUに、32GB のメモリを積んで、高速なレンダリングを目指します。

以下、組み立てる際の注意点を含む、自分用のメモです(参考にされる方は自己責任でお願いいたします)。
続きを読む
HOME