あけましておめでとうございます

今年(2018年)の年賀状です(クリックすると拡大します)。
「カオスの縁で知性は生まれる」(年賀状2018)
作品タイトルは「カオスの縁で知性は生まれる」。

2017年は「AI」(人工知能)が日常の話題に上るようになりましたが、その理論も実装も玉石混淆で、まともな研究者からは「混乱させないでくれ!」という声が聞こえてきそうな状況にあります。その一方で、コンピュータの計算能力の向上により、(アルファ碁ゼロのように)量が質に転化する様子をリアルタイムに見ることができた世代としては、やはり期待が膨らむのも事実です。

「この作品は、サイエンティフィック・ヴィジュアリゼーションです」と言いたいところですが、残念ながら違います。CGによるアートの一種として捉えて下さい。あわよくば、直感的に「要するに、こういうことでしょ!」と、科学者や技術者の発想のヒントになればそれで充分。少なくとも私自身は、AIに興味のある研究者の端くれとして、この作品を楽しませてもらっています。

本年もよろしくお願い申し上げます。

HOME