換算24mmからのコンパクトな標準ズーム「12-32mm F3.5-5.6」(H-FS12032-S)レビュー

私のメイン機であるオリンパスのマイクロフォーサーズ・ミラーレス一眼カメラ E-PM2 の “個人的な” 標準ズームはパナソニックの「14-45mm F3.5-5.6」(H-FS014045)でした。

以前 レビュー した通り、普及価格帯のレンズとは思えぬ深い味わいの、本当に良く写るレンズで非常に気に入っているのですが、広角側が35mm換算で 28mm からなので、旅行やスナップ撮影などで時々物足りなく感じることがありました。

そこで、35mm換算で 24mm からの標準ズームであるパナソニックの「12-32mm F3.5-5.6」(H-FS12032-S)

を中古で入手して、使い物になるか検証してみることにしました(保護フィルター付きで、税込 12,800円)。沈胴時はこちらの方が圧倒的にコンパクトになります。これで写りが良ければ、遠方の旅行に携行するにも便利そうです。
E-PM2 に 12-32mm を装着した様子(沈胴時)
12-32mm F3.5-5.6 を装着した E-PM2(VF-4 付き)。なかなかカワイイでしょ。画像をクリックすると拡大します(以下も同様)。

続きを読む
HOME