東君平初期作品「森の音楽家たち」全12枚のレタッチを担当しました

「森の音楽家たち」より「リスの縦笛」
絵本作家であり詩人でもある故・東君平氏の記念館「くんぺい童話館」の25周年記念特別企画として、1960年前後に制作された緻密な切り絵作品の中から、すでに原稿が失われてしまい、小さな写真でしか残されていない傑作を中心に、修復および印刷する作業を担当させて頂きました。

修復した作品は全部で12枚。いずれも「森の音楽家」シリーズの作品です。

レタッチ作業の手順ですが、超高解像度でスキャンした後、Photoshop を用いて塵、埃、汚れ、シミ、カビなどを徹底的に除去した上で、色あせた部分の調整や欠損している部分の補完を慎重に行いました。今回の作業における「オリジナル」は写真なので、ピントが合っていない箇所もあり、君平さんの筆致を真似てタブレットで手描きした部分もあります。長年ファンをやってきたので、その「研究成果」が生かされたのは幸運でした。

プリントは紙への超高精細印刷。オーバースペックなデータを、オーバースペックな解像度で「紙」に印刷すると、ここまでパワフルな作品になるとは私自身、予想しておりませんでした。まだ液晶ディスプレイなどの電子デバイスでは再現できない「紙の持つ力」を再認識したところです。

その結果、東英子館長をはじめ童話館のスタッフの方々にも、驚きの声をもって迎えられました。展示会場(山梨県小淵沢のくんぺい童話館)では、全12作品の展示だけではなく、同作品の販売も行っています。この品質で、額装されて5千円というのは(私が値段を決めたわけではありませんが…)非常に良心的な価格設定だと思いました(なお、通信販売の場合は、送料込みで6千円となります)。スタッフの中には「2〜3枚購入したい」という方もいらっしゃいました。3枚も並べたら、自分の部屋がくんぺい童話館のようになりますね(笑)。

私も君平さんの1ファンとして、今回の(小さいけれども)歴史的な事業に参加できて本当に幸せです。
緑のくんぺい童話館
くんぺい童話館(2013年は、4月27日にオープンしました)

コメントの投稿


秘密にする
HOME