FC2ブログ

poor man's OM-D(E-PM2 + VF-4)

VF-4 を装着した E-PM2。マウントアダプターでOMレンズも。

OM-4Ti を最高のフィルムカメラだと考えている私はもちろん OM-D が欲しかったのですが高くて手が出なかったわけです。
OM-D も今では、E-M1, E-M5, E-M10 と3機種のラインナップとなり、選択肢は広がったのですが、(2月末発売予定の)E-M10

でも予算オーバーが予想されました。その一方で、マイクロフォーサーズ欲しい熱は高まるばかり(ムラムラ…)。そこで、

E-M5 と同画質と謳われる E-PM2

に注目しました(レンズキット、色はブラック)。OM-D と比較してしまうと操作性には若干問題有りですが、コンパクトで軽いのは良いなと思いました。
私が購入したお店は、近所のイオンに入っているカメラのキタムラ。レンズ保護フィルター、SD 8GB、白い『ことりっぷ』ケース(笑)がおまけでついて 29800円。しかも運良く WAON ポイント5倍の日に買うことができました。Tポイントもついて、実質28900円。液晶保護シート

を買っても(ヨドバシカメラで810円)、3万円に収まります。

そして撮り始めたのですが、いまいち姿勢が安定しません。コンデジならはじめから「メモ」のつもりなので、片手で撮影するのも抵抗ない位なのですが、ミラーレスとはいえ一眼カメラである E-PM2 は「作品」のためのカメラ。慣れ親しんだスタイルで撮影したい。というわけで、電子ビューファインダー VF-4

をビックカメラで購入(25400円、ポイント10%)。これで手ぶれも抑制し、撮影しやすくなりました。見え味もなかなかのものです。VF-4 の表示画素数は 236万ドットですから、E-M5 と E-M10 の 144万ドットを超えていますね。

さらに、これまでのOMズイコーレンズの資産(といっても、3本しか残っていませんが…)を生かすために、Kernel のマウントアダプター

も購入(アマゾンで 2980円)。これが実に良い。安価なのにしっかりした作りで、100mm/F2 も 50mm/F1.8 も抜けの良い写りをします。但し、28mm/F3.5 はデジタルカメラで使うには画質的に少々厳しいものがあるかな?と感じました(個体差があるかもしれません)。もっとも、広角域はキットレンズ(M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6 II R)を使うので、28mm/F3.5 を除く3本体制で、35mm換算 28mm〜200mm のシステムを組むことができました。望遠域の2本が明るい単焦点レンズなのがちょっと自慢です(AFではなくMFですが…)。

合計5万5千5百円。これで、私の「poor man's OM-D」はひとまず完成。手ぶれ補正は、本物の OM-D 達にはかないませんが、画質的には満足しています。

最後に、OMズイコー 50mm/F1.8 による作例を1点紹介いたします:
Zuiko50mm/F1.8 の E-PM2 によるテスト撮影
シャープだけど、しっとり(ヌメッと)した描写は、リバーサルフィルムのせいではなく、このレンズが持っていた特性だったのだな、と E-PM2 で撮影して改めて認識した次第。フィルム時代と同じ味わいに思わず笑ってしまいました。


【補足】カスタマイズメモ(全ての情報が載っているわけではありません)

●●● [A]AF/MF ●●●
 AF方式 静止画 S-AF+MF
 フルタイムAF Off
 AEL/AFL モード S1/C2/M1
 レンズリセット On
 BULB/TIME中MF On
 フォーカスリング 反時計回り
 MFアシスト On

●●● [B]ボタン/ダイヤル ●●●
「ボタン機能」
 Fnボタン機能 拡大(虫眼鏡)
 ◎ボタン機能 AEL/AFL
 ▲ボタン機能 ISO 感度(右向き三角ボタン)
 ▼ボタン機能 WB
 ◇ボタン機能 ダイレクト機能(上下左右方向ボタン)
 L-Fnボタン機能 AF停止

「ダイヤル機能」
 P 露出補正
 A 絞り
 S シャッター速度
 M シャッター速度
 再生時 ダイヤルで画像の拡大またはインデックス再生への切換え

●●● [E]露出/測光/ISO ●●●
 露出ステップ 1/3EV
 長時間ノイズ低減 オート
 高感度ノイズ低減 標準
 ISO感度 200
 ISO感度ステップ 1/3EV
 ISOオート設定 上限値1600 基準値200
 ISOオート有効 P/A/S
 測光 評価測光
 AEL測光モード スポット測光

重要なポイントは以下の2点。ちなみに、普段は「絞り優先モード」で撮影しています。

★ Fn ボタンで「拡大」(MFレンズの時、ピントを確認 ←とても良く使う)。
★ ◎ボタンで「スポット測光(AEロック)」。もう1回押すと評価測光に戻る。

コメントの投稿


秘密にする
HOME