FC2ブログ

ノートPC冷却台「SX-CL22LSV」は、液タブ「Cintiq 13HD」のスタンドにもなる

ネット動画を再生しつつ液タブで映像制作ツールを使うなど、過酷な使い方をしている私のメインマシン MacBook Pro 15インチ(Mid 2010)ですが、長時間CPUの負荷が高いと発熱で落ちることがあります。一時的に強制停止されるだけなので、作業中のデータは残っていることがほとんど(これまで実害は無い)ですが、肝を冷やしますし、条件が悪ければデータを失う可能性も否定できません。

まだ夏ではありませんが、4〜5月あたりから落ち始めたので、ノートパソコンの冷却台を導入しました。
ここでもやはりコストパフォーマンスを重視し、ヨドバシカメラの店頭で手のひらを冷却したりして、比較した結果、エレコムのノートPC冷却台「SX-CL22LSV」

にしました(ヨドバシで税込 4,420円)。


2015年6月の1ヶ月間使用してみましたが、この間、一度も落ちていません。効果はあると思います。
押しボタンスイッチで強弱2段階の切り替えができますが、これまでのところ「弱」で充分のようです(真夏になると、どうなるか分かりませんが…)。
ファンの音は「まあ、そんなもんでしょ」という感じ。「強」だと少々耳障りなこともありますが、個人的には「弱」なら許せる範囲です。

Fan Control で内部温度をモニタしてますが、冷却台なしでは70℃超えも普通だったのに、冷却台を使うことで70℃未満に収まっています。平均するとマイナス5℃くらいの冷却性能があるようです。

さて、このノートPC冷却台「SX-CL22LSV」ですが、液晶タブレット「Cintiq 13HD」のスタンドとしても使えます。一石二鳥(笑)。
ノートPC冷却台の上の MacBook Pro 15インチ
ノートPC冷却台「SX-CL22LSV」は傾斜をつけて設置できるのですが、ノートPCがずり落ちないように「スリップ防止用ラバーパーツ」(黒くて短い棒)が2つ付いています。

この上に液タブを傾けて設置するのです(参考にされる方は自己責任でお願いします)。
ノートPC冷却台と液タブ(横から)
横から見たところ。ノートPCと液タブは接触していません。

液タブが手前にずれてこないように、百均ショップで買った「吸盤」を2つ、ガラステーブル(強化ガラス天板の液晶モニタスタンド)上に付けてあります。
ノートPC冷却台と液タブ(正面から)
快適な作業環境になりました。

今年の夏を無事に乗り切ることができるよう、期待しています!

コメントの投稿


秘密にする
HOME