FC2ブログ

200円でノートPCを書画カメラにする方法

大学の授業や講演で、ノートPCとプロジェクターを使ってプレゼンするのが当たり前の時代になりました。事前に用意していた資料(パワーポイントや動画ファイルなど)を投影するだけなら困ることはないのですが、時々、手持ちの実物サンプルや、会場から集めたアンケート用紙などを大きく投影したいこともあります。会場の演台にそのための機材(書画カメラ)が設置されている場合はそれを使えば良いのですが、そうでない場合も少なくありません(古い書画カメラは設置されているけど、解像度が低すぎて使えないケースも含む)。

一方で、最近のノートPCは、タブレットPCをベースにキーボードを追加した機種が増えてきた関係で、フロント(手前側)だけではなく、リア(背面側)にもカメラが付くようになりました。しかも、リアの方が高画質(高解像度)で撮影できることもあり、これを使って簡易な書画カメラを作れないか?と考えてみました。

手持ちの実物サンプルなら普通に手に持って撮影すれば良いので、ここではその場で回収したアンケート用紙(A4)を撮影することを目標にします。条件としては、持ち運びがし易く、使用時は安定していて、しかも安価なこと。そのひとつの答えが、これ(↓)。

200円書画カメラ化_全体像
リアカメラの先に、百均のクリップボードを置くのですが、そのままでは安定しませんので、百均のタブレットスタンドを使うのです。

200円書画カメラ化_クリップボード
クリップボードはどこでも売っている標準的なものを選びました。

200円書画カメラ化_スタンド・折畳時
タブレットスタンドは折り畳むことができて、運搬時にもかさばりませんし、表面のコーティングが適度な滑り止めにもなっています。私はダイソーで買いました。

200円書画カメラ化_スタンド・使用時
使用時のタブレットスタンドです。

いずれも百均ショップで揃えましたので、合計2百円+税。

ちなみに、私が授業で使用しているノートPCは、ASUS の T100HA です。25,800円(税別)で購入した小さな高性能マシン! リアカメラ(アウトカメラ)は、500万画素のオートフォーカス。画角は固定ですが、オートフォーカスなので被写体までの距離を変えても(つまり、拡大・縮小しても)、きれいに自動でピントが合います。

本記事で紹介した「200円でノートPCを書画カメラにする方法」で使えるノートPCの条件は、
◎リアカメラが付いている。
◎高解像度のカメラである。
◎フォーカスの調整が可能(マニュアルフォーカスでも良いですが、オートフォーカスが便利)。
この3つを満たしていることが望ましいです。

ノートPC上で使うアプリケーションは、好きなものを使えば良いと思います。私は Windows10 に標準で付いてくる「カメラ」というアプリを使っています。フロントカメラ・リアカメラ(メインカメラ)を切り替えて使用することができて、画質的にも充分だと思います。

コメントの投稿


秘密にする
HOME