FC2ブログ

教科書『実践マルチメディア[改訂新版]』が出版されました!

デジタルメディアに関する総合的な教科書『実践マルチメディア[改訂新版]』が、2018年3月に CG-ARTS から出版されました。


私・佐藤皇太郎は共著者として参加しています。第2章の「映像とアニメーション」のパートのみですが、最低限必要な知識を、少ないページ数でコンパクトにまとめました。文系・理系・芸術系を問わず、初心者を対象としていますが、できるだけ体系的に、映像制作における「勘所」が伝わるように配慮して執筆しました。

もちろん、本格的な映像制作にはこれだけでは足りませんから、このパートを読んで興味を持って下さった方は、同じ出版社の『入門CGデザイン』や『ディジタル映像表現』へ進んで頂きたいと思います。


さて、この『実践マルチメディア[改訂新版]』ですが、改訂前と比べて、かなりパワーアップしています。
扱っている分野は、認知科学、ユーザ・インターフェイス、映像メディア、サウンドメディア、ネットワーク、セキュリティ、ネットビジネス、マーケティング、知的財産……と非常に幅広いのですが、単なる「広く浅く」ではなく、各分野の理論的な基礎まで概観できる意欲的な教科書に仕上がっていると思います。

文部科学省が後援している「マルチメディア検定」に対応した標準教科書として使うだけではなく、デジタルメディア全般を学びたい学生(特に、情報デザイン専攻)や関連業界の社会人にも推奨できます。1冊手元に置いて、リファレンス的に使用するのも良いのではないでしょうか。

コメントの投稿


秘密にする
HOME