FC2ブログ

3つ折り Bluetooth キーボード&タッチパッド「DN-914570」レビュー

タブレットやスマホを用いて、大量の文字入力を行いたいことがあります。
そんな時には物理キーボードが便利。
でも、持ち運ぶ際にはできるだけコンパクトにしたい。
そこで、上海問屋の3つ折り Bluetooth キーボード&タッチパッド「DN-914570」
3つ折りBluetoothキーボード&タッチパッド
税込 5,300円のところ、お盆休みの割引き(?)があり、200円引きの 5,100円で購入できました。
続きを読む

PHSから、低電磁波スマホ「麗(REI)」へ、乗り換えました

FREETEL 麗(REI)

愛用していたPHS(ワイモバイル、旧ウィルコム)が 2020年7月末にサービスを終了するとの アナウンス がありました。
これまで、京ぽん(AH-K3001V)から使い始めて、9(nine)、アドエス(WS011SH)と10年以上、PHSを利用してきましたが、ついに決断の時が来ました。

PHSは安くて、音質が良くて、しかも低電磁波なのが魅力です。特に最後の「低電磁波」は他の方式にはない特長でした。PHSの電磁波の強さを SAR値で比べる と、一般的な携帯電話やスマホと比較して約1/10です。電磁波過敏症である私には、一般的な携帯電話の電磁波では強すぎて、長時間、身体の近くに置いておくことができません。最近まで、通話&メール(の待受)用のPHS(nine)と一緒に、利便性から iPhone 5s も持ち歩いていましたが、iPhone の電磁波は強く(個人的には)体調が悪くなるので、普段は iPhone を機内モードにして、出先で必要な時だけ機内モードを解除して使用していました。

社会全体が携帯電話(ガラケー)からスマホへ、さらにスマホ内で世代交代していく中で、残念ながら各機種の電磁波の強度については、抑制するよりもますます強くなっていく傾向にあるようです。おそらく一般的なユーザからは「電波の掴みやすさ」(つながりやすさ)で評価されるからなのでしょう。

たしかにスマホは便利です。iPhone も最高に便利です。しかし、iPhone のPHS版(低電磁波版)などは存在せず、それどころかPHSはもうすぐ終了しようとしています。どうすれば良いのでしょう?
……そうか、PHS並みにSAR値の低いスマホがあれば良いのだ!(Android でも良いから)と思って、探していたところ ── 1機種だけ見つかりました。それが、FREETELREI(麗)

です(私は、イートレンド にて、税込・送料込12,980円で買いました)。
続きを読む

Wi-Fi ルーターを WSR-1166DHP3-WH に買い替えました

買い替えてばかりの今年。次は、Wi-Fi ルーターです。

これまで Apple社の AirMac Express(Model No. A1089)を10年以上使ってきましたが、さすがに古すぎるのか、1週間に1回程度、原因不明のハングアップが起き、そこから復旧するのに手間も時間も掛かる、という困った症状が発生していました。

最近では、自宅内 Wi-Fi も普通に業務で使うようになったので、やはり信頼性は重視したいです。ひとたび設置したら、メンテナンスは一切不要で、放置できるものが理想ですよね。

そこで、BUFFALO の WSR-1166DHP3-WH

を買いました(ソフマップで、税込6,890円)。
続きを読む

洗浄便座を CW-RT2/BN8 に買い替えました

今年に入ってから、立て続けに我が家の家電(電子レンジ)やガス器具(給湯器)が壊れ、買い替えを強いられているのですが、今度は「洗浄便座」です。

INAX の CW-RF1/CG1(49,800円) というリモコンタイプの機種をちょうど17年間使い続けて、ついに寿命を迎えました。本体側面にある「赤外線の受光部」か、その周辺回路の動作が怪しいです(だんだん不安定になり、ついに全く効かなくなりました。もちろん、リモコンの電池は新品にして、デジカメを通して赤外線の発光は確認しています)。その一方で、最初は頼りなく思われた「可動部分=内部機構」は17年経っても健在、というのも凄いことですが…。

長持ちしたので、また同じメーカーの製品を買おうと思い、実質的な後継機種である CW-RT2/BN8

に買い替えました(ヨドバシで税込 28,080円。ポイントが 10% つくので、実質 25,272円)。17年前のちょうど半額です。
続きを読む

教科書『実践マルチメディア[改訂新版]』が出版されました!

デジタルメディアに関する総合的な教科書『実践マルチメディア[改訂新版]』が、2018年3月に CG-ARTS から出版されました。


私・佐藤皇太郎は共著者として参加しています。第2章の「映像とアニメーション」のパートのみですが、最低限必要な知識を、少ないページ数でコンパクトにまとめました。文系・理系・芸術系を問わず、初心者を対象としていますが、できるだけ体系的に、映像制作における「勘所」が伝わるように配慮して執筆しました。

もちろん、本格的な映像制作にはこれだけでは足りませんから、このパートを読んで興味を持って下さった方は、同じ出版社の『入門CGデザイン』や『ディジタル映像表現』へ進んで頂きたいと思います。

続きを読む